株式投資ニュース 2月26日

2月26日(火曜日)の株式投資ニュースです。(03時27分更新)

最新情報   トップページ

ピーエイ 2月27日(水)13時〜16時に仙台市の「AER21階」で就職・転職フェアを開催
■企業と求職者との『ベストマッチング』を提供 求人情報誌のピーエイ<4766>(東マ)は、2月27日(水)13時〜16時に仙台市の「AER21階」で就職・転職フェアを開催する。 この就職・転職フェアは、仙台市及びその近隣地域の企業が参加し、採用担当者と地域の求職者が直接対話できる、企業と求職者との『ベストマッチング』を提供するイベントで、宮城県を元気にする!をテーマとした求人・就職の合同説明会である。 ■開催場所 仙台市青葉区中央1−3−1 AER21階■問い合わせ先ピーエイ..

【引け後のリリース】東海東京フィナンシャル・ホールディングスが株主優待
■配当の増額と売買単位の引き下げも発表 東海東京証券などの東海東京フィナンシャル・ホールディングス<8616>(東1)は25日の大引け後、今3月期末の配当予想を12円(前期は4円)にするとともに、株主優待制度の導入と売買単位の引き下げを発表した。株主優待は、この3月期末の株主から、毎年3月31日現在の株主に、保有株数に応じた金額で地域の名産品などを選べるカタログギフトを贈呈する。 売買単位の変更は、現在の1000株を4月1日から100株に引き下げ、投資しやすい環境を整備し、流..

クリーク・アンド・リバー社 クリエイターのステップアップにつながるスキルや情報を提供するセミナー「クリ☆ステ」を開催
■第7回のテーマは「ノンプログラマのためのJavaScriptはじめの一歩」 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は、Web制作に関わる方のためのセミナーイベント『CSS Nite』とコラボレーションし、クリエイターのステップアップにつながるスキルや情報を提供するセミナー「クリ☆ステ」を開催する。 第7回のテーマは「ノンプログラマのためのJavaScriptはじめの一歩」。 HTML5の普及とともにWeb制作に関わるクリエイターにJavaScriptの知識が必要と..

【注目のリリース】テクマトリックスが自己株取得ほぼ満額終了し「次」に期待
■2月12日から東証1部になり組み入れ需要 情報セキュリティなどのテクマトリックス<3762>(東1)は25日の大引け後、昨年12月から開始した自己株取得(自社株買い)が、取得上限株数の約94%に達し、2月22日に終了したと発表した。取得した株数は、上限株数のほぼ満額取得となり、「次」に期待を残す形になった。 本日の株価終値は 円(円高)。2月12日付けで東証2部から同1部銘柄に指定替え(昇格)になった。約1ヵ月後には、東証1部全銘柄で算出するTOPIX(東証株価指数)の算出..

【注目のリリース】JTは政府保有株の売り出し前に自己株を取得
■国内売り出し分は自社株買いで消化される形 JT(日本たばこ産業)<2914>(東1)は25日の大引け後、財務大臣を売り出し人とする同社株式(政府保有株)の売り出し(国内1億9166万6600株、海外1億4166万6600株、合計3億3333万3200株)、および、自己株の取得(自社株買い)1億1800万株(保有自己株を除く発行済み株式総数の6.2%)を発表した。国内・海外の最終的な売り出し株数は、売り出し価格決定日(3月11日から13日のいずれかの日)に、需要状況などを勘案..

【銘柄フラッシュ】神栄や石井鐵工所が急伸しナノキャリアやラクーンも高い
 25日後場は、日銀の次期総裁・副総裁が固まったと伝えられ、一段の金融緩和期待から、三井不動産<8801>(東1)が前場の5.0%高から6.9%高と一段高。円安への期待から海運株も軒並み高となり、川崎汽船<9107>(東1)は11.5%高。また、太平洋経済連携協定(TPP)に参加の場合のプラス効果銘柄を買う動きも活発化し、農業機械の丸山製作所<6316>(東1)は37.0%ストップ高。小麦などの自由化も期待されて日清製粉グループ本社<2002>(東1)は5.2%高。 創薬・バ..

【株式市場】一段の金融緩和やTPP関連株が活況となり日経平均は3日ぶり高値を更新
■東証1部銘柄は80%が高い 25日後場の東京株式市場は、全般一段高となり、日経平均は3日ぶりに2008年来の高値を更新。日銀の次期総裁が固まり、一段の緩和期待から三菱地所<8802>(東1)などの大手不動産株が一段強含んだ。また、太平洋経済連携協定(TPP)に参加の場合のプラス効果銘柄を買う動きも活発化し、日清製粉グループ本社<2002>(東1)やニチレイ<2871>(東1)が高値に進み、仕手色のある丸山製作所<6316>(東1)はストップ高。創薬・バイオ株人気も復活し、ナ..

ニチレイもTPP参加の効果などに期待強まり高値更新
 ニチレイ<2871>(東1)は25日の後場もジリ高となり、14時30分を過ぎて504円(26円高)まで上げ、2008年10月以来の500円台回復となった。日本が環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する場合、冷蔵倉庫の需要も拡大すると大手証券の週明けのリポートが伝えたことを材料視。PERは16倍台で市場平均より低いため、買いやすさがあったようだ。

丸山製作所がTPP参加を想定しストップ高で値上がり率1位
 噴霧機などの大手・丸山製作所<6316>(東1)は25日も急伸となり、後場、14時20分にかけてストップ高の296円(80円高)に達した。仕手色の強い銘柄で、前週後半は、安倍首相が農業を成長産業として伸ばしたい意向を示したことを好感し、本日は、日本がTPP(環太平洋経済連携協定)参加に向けて前進したことが材料になった模様。ストップ高での値上がり率は37.0%で、この時間帯は東証1部の値上がり率1位となっている。

上げ足加速のインフォマート、業績絶好調でここから1000円高も
 上げ足加速のインフォマート<2492>(東マ・売買単位100株)は、この日も94円高の1647円と昨年来高値を大きく更新している。昨年暮れからだけでも約5割の急伸となっている。 このほど発表の2012年12月期は13.9%増収、営業利益25.5%増益と絶好調。今12月期も16.0%増収、営業利益22.3%増益、1株利益80.4円の見通し。配当は年42.25円の予定。「ASP受発注システム」、「ASP規格書システム」が引き続き好調に推移している。 昨年秋に株式200分割を実施..

川崎汽船はTPPへの期待に加え目標株価も材料に高値更新
 川崎汽船<9107>(東1)は25日の後場一段上値を追い、207円(25円高)まで上げて2月8日以来の昨年来高値更新。14時現在も12.6%高の205円(23円高)前後で推移し、東証1部の値上がり率6位前後に入っている。円安効果への期待や、日本がTPP(環太平洋経済連携協定)に参加する場合の荷動き活発化などに期待が強まったようだ。海運株が軒並み高い中で、川崎汽船には、モルガン・スタンレーMUFG証券が目標株価を100円から360円に引き上げたと個別の材料もあり、商船三井<9..

山崎製パンはTPP参加のコスト低下など注目され高値更新
 山崎製パン<2212>(東1)は朝方に高値を更新して1105円(15円高)をつけた後も堅調で、13時50分にかけても1100円(10円高)前後で推移。野村證券のリポートで、日本が環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する場合、小麦やバター、砂糖などを使う食料品業種にコスト低下効果のプラス影響が指摘されたことを材料に、3営業日ぶりの戻り高値更新となった。同様の見地から、日清製粉グループ本社<2002>(東1)は4.7%高の1200円(53円高)、保管倉庫にもプラスとされてニチレ..

日柄調整十分の東洋建設出直る、アベノミクス相場2章始まる
 公共投資関連の東洋建設<1890>(東1・売買単位100株)が再び300円に接近、出直っている。1月10日にアベノミクス相場第1章で332円まで買われていた。273円で調整を終え、高値からの日柄もほぼ2ヶ月を経過し出番を迎えたようだ。とくに、新しい日銀総裁がまもなく決まることで、アベノミクス相場第2章ということである。権利修正チャートでみれば昨年4月以来となる400円が見込めそうだ。

割安顕著のアルコニックス出直る、利回り3%台後半、低PER
 指標割安顕著のアルコニックス<3036>(東1・売買単位100株)が、1600円台に買われ出直っている。欧州、中国経済の停滞で市況軟調等から今期減益見通しながら、予想1株利益251.8円、配当年60円と優秀で利回りは3.7%ていどと高く、PER6倍台にすぎない。 今後、内外の景気上向きから業績への期待大きく、2011年の2489円を一気に奪回するのは難しいとしても1年ぶりとなる2000円台回復は十分期待できるだろう。

カッパ・クリエイトは配当・株主優待の最終日で午後も堅調
 カッパ・クリエイト<7421>(東1)は25日の後場も堅調で、13時20分を過ぎては2045円(7円高)前後。前場の高値2048円に迫る強もみ合いとなっている。回転寿司の大手。2月決算で、配当や株主優待の食事券を入手するには、本日・25日が買い注文の最終日(権利付最終日)のため、配当や優待を目的に買い付ける動きがあるようだ。


最新情報   トップページ