株式投資ニュース 1月17日

1月17日(木曜日)の株式投資ニュースです。(02時53分更新)

最新情報   トップページ

イーブックイニシアティブが1月末の株主から優待制度を拡充−−引け後のリリース
■所有株数の多い投資家を手厚くし来期は「所有期間」の優遇も予定 電子書籍のイーブックイニシアティブジャパン<3658>(東マ)は16日の大引け後、株主優待制度の拡充を発表し、現在は一律「100株以上」の株主を対象としている図書券1050円分を、所有株式数に応じて拡充し、2013年1月31日現在の株主から、「500株以上200株未満」(2100円分)、および「2000株以上」(3150円分)の区分を設けて優待するとした。また、2014年1月末の株主からは、保有期間に応じた優待制..

【注目のリリース】全日空がボーイング787の運航を取りやめ日本航空も見合わせ
■煙を感知し高松空港に緊急着陸 全日空(全日本空輸・ANA)<9202>(東1)は16日の午後、ANA692 便(山口宇部−羽田)ボーイング787型機が機材不具合により高松空港に午前8時47分、緊急着陸し、同社が保有する17機すべての同型機について、本日の運航をすべて取りやめると発表した。ロイター通信によると、日本航空(JAL)<9201>(東1)も相次ぐトラブルを受け、ボーイング787型機の運航を見合わせて緊急点検することを決めた。 NHKニュースによると、全日空の件は、1..

【話題】日経平均が安倍政権後初の大幅下げ
■無配のオリンパス2000円などはしゃぎ過ぎの反動 16日(水)の日経平均株価は288円安の1万0591円と安倍政権スタート以来、初めての大きい下げとなった。「単なる微調整なのか」、それとも「安倍政策に早くもヒズミが出てきたのか」など、このところ盛り上がりを見せていた相場だけに個人投資家の関心は強い。 マーケットでは、下げの原因を為替が円安から円高に振れたことと、上げピッチが速すぎたためとみている。とくに、「無配のオリンパスが2000円へあと3円まで買われるなど、将来性はある..

【編集長の視点】アールシーコア、積極的な中期計画がフォローし上値余地
<銘柄ウオッチ> アールシーコア<7837>(JQS)は、前週末1月11日に同社にとって2拠点目の直営展示場となる「BESS 藤沢展示場」をオープンしたことを手掛かりに株式分割権利落ち後の高値840円をつけたが、今3月期純利益の2期ぶりの過去最高更新予想、連続増配、積極的な中期経営計画推進による再成長軌道乗せからは、この程度の株価評価にとどまるものではない。まず前回の株式分割(2007年1月)の権利落ち後高値9万3500円(株式分割落ち換算株価935円)にキャッチアップしよう..

【銘柄フラッシュ】体罰問題で幼児活動研究会が高く雪害対策でネポンも高い
 16日後場は、円の反騰幅が拡大する場面があり、コマツ<6301>(東1)が4.6%安、キヤノン<7751>(東1)が4.1%安、ホンダ<7267>(東1)は3.0%安。日経平均の下げ幅が280円台に広がり、野村ホールディングス<8604>(東1)は2.8%安。中で、好業績株などの選別物色は活発で、好決算と自社株買いを発表のユニオンツール<6278>(東1)は8.8%高で昨年来の高値。大衆薬ネット販売で勝訴のケンコーコム<3325>(東マ)は連日ストップ高の21.7%高。 太..

【株式市場】「円」が昨日の甘利・今日の石破発言で反騰し全面安のなか材料株は高い
■東証33業種すべて下げる 16日後場の東京株式市場は、日経平均が一時287円安。自民党・石破幹事長が過度な円安の弊害に言及したと伝えられ、円相場が反発幅を拡大。昨日は甘利経済財政相の同様の発言が伝えられており、外為市場で要人発言が相場材料に利用されているとの懸念も。自動車、電機・精密、機械などが軒並み安い中、太陽光発電設備のウエストホールディングス<1407>(JQS)の好決算を連想材料にサニックス<4651>(東1)や三晃金属工業<1972>(東1)が値を飛ばし、一般薬の..

JトラストG:「九州各県に1行」提携先確保計画実現へ着実に前進!
■傘下のKCカード、大分の「豊和銀行」と保証業務提携し業務を開始 金融事業を中心に不動産やアミューズメント事業などを展開するホールディングカンパニーのJトラスト<8508>(大2)の連結子会社であるKCカードは、このたび、豊和銀行<8559>(福1)と提携し、同行が取り扱う「ほうわKCクイックカードローン」及び「ほうわKCクイックフリーローン」について保証業務の取り扱いを、1月15日から開始した。 この提携は、KCカードがこれまでノンバンク事業で培ってきた独自の与信審査ノウハ..

三晃金属工業がウエストHLDの好決算から連想広げ後場一段高
 三晃金属工業<1972>(東1)は16日の後場一段高となり、14時を過ぎて13.9%高の270円(33円高)と昨年4月以来の水準に進んだ。太陽光発電設備関連株。円相場の反騰を受けて輸出関連株が軟化する中で、同じく太陽光発電の設備施行を行なうウエストホールディングス<1407>(JQS)の第1四半期決算(昨日発表)が好調だったため、連想買いが集まった。ウエストホールディングスはストップ高。同様の連想で仕手性の強いサニックス<4651>(東1)は東証1部の値上がり率1位。一方、..

【相場熟者が答える投資相談】東芝プラントシステムは持続、廃炉でも工事は長期見込める
 【問い】 東芝プラントシステム<1983>(東1)を1020円で2000株持っています。もう手放したほうが良いか迷っています。今後の見通しについてお願いします。 【答え】 1月16日(水)は35円安の1261円と続落しています。 同社は東芝<6502>(東1)直系のプラント大手。原子力発電所工事に実績があるが、火力発電所の増設のほか、原子力発電所の廃炉工事も増えるとの見通しから、最高益更新が続き増配含みとの観測から、エネルギー関連として、買われてきました。09年9月高値13..

円の反騰を受けてソニーが軟調になり日経平均一時230円安
 ソニー<6758>(東1)は16日の後場、一段軟調になり、13時を過ぎては978円(17円安)前後で推移。円相場の反騰を受けて日経平均が反落し、後場寄り後に229円19円安の1万649円89銭まで下げ幅を広げたため、手控え気分が強まった。

【狙い場・買い場】高値更新中のセントラルスポーツは五輪招致関連の本命、上方修正も
 セントラルスポーツ<セントラルS、4801>(東1)は、きょう16日も3円高の1417円と8営業日続伸し、連日の昨年来高値更新となっているが、2006年4月につけた上場来高値4160円からみると、まだ下値での小動き圏にとどまっており、下値アタックは妙味が大きそうだ。 今年9月7日の2020年の夏季オリンピックの開催都市決定に向け、東京都が、トルコのイスタンブール、スペインのマドリードをライバルに招致活動を積極化して同社株に関連の本命株買いが続いているうえに、昨年11月の今3..

【編集長の視点】急反落のアクトコールは連続最高純益予想で逆張り妙味
<銘柄ウオッチ> アクトコール<6064>(東マ)は、106円安の1717円と急反落し、昨年7月の新規株式公開(IPO)時の公開価格1700円を再び試している。前日15日大引け後にIPO以来の本決算となる11月期業績を発表、前期に続き今期も過去最高純利益の更新を予想したが、前期業績が、IPO時予想を下ぶれたことが響いて直近IPO株人気は不発で、利益確定売りが先行している。 前期業績は、昨年7月のIPO時予想を下ぶれたが、前々期比21%増収、2.0倍経常増益、2.5倍純益増益と..

【株式評論家の視点】NECは実態再認識の動きが強まる、今期復配への評価が前進する
<銘柄の見所> NEC<6701>(東1)が再び上値指向の動きを鮮明にしてきた。ここへきて証券会社がレーティングを中立から強気に引き上げ、目標株価も増額したことで実態再認識の動きが改めて強まっている。 ITソリューション事業やキャリアネットワーク事業が順調なうえ、構造改革の進展なども寄与し、今2013年3月期の9月中間決算は営業利益473億円(前年同期67億円)と、飛躍的な増益を達成した。 それにも関わらず通期の営業利益1000億円(前期比35%増益)の見通しは据え置かれた。..

【銘柄フラッシュ】ケンコーコムが連日ストップ高で北興化学やエス・バイ・エルも高い
 16日前場は、円が海外から強張った上、自民党・石破幹事長が過度な円安の弊害に言及したと伝えられたため、輸出関連株が反落。ニコン<7731>(東1)が3.8%安、コマツ<6301>(東1)が3.2%安、日産自動車<7201>(東1)は1.6%安。また、日経平均との連動性の高いファーストリテイリング<9983>(東1)も軟調で3.2%安。一方、第1四半期決算好調のウエストホールディングス<1407>(JQS)は17.6%高、大衆薬ネット販売で勝訴のケンコーコム<3325>(東マ..

【話題株】B787緊急着陸、全日空株価軟調、トラブル多発で買えない
 『787不安』から全日本空輸<9202>(東1)が軟調。期待の新鋭機の『ボーイング787』にこのところトラブルが続出。今日もまた、山口・宇部空港から羽田に向かっていた787型機がコックピットから煙が上がり高松空港に緊急着陸した。 「新しいものにはトラブルはつきものとは言うものの、生命に関わることだけに原因が分かるまで運航を止めることも必要だろう」(中堅証券)。 業績への影響は不透明。人気的には見通しがはっきりするまでは買い難くなったことは間違いない。ただ、昨年来安値154円..


最新情報   トップページ