FX/外国為替情報 1月1日

1月1日(火曜日)のFX/外国為替情報です。(19時26分更新)

最新情報   トップページ

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > 2013年はドル円90円に向けて飛躍の年?
市場は財政の崖問題に不透明感が残る中、米国株式市場は5営業日続落するなど、リスク回避の動きが強まりつつある。一部報道ではオバマ大統領が議会指導部との協議で新たな提案を行わない見通しとの観測が伝わっている。その中、米議会は6000億ドル余りの実質増税・歳出削減が年明けに重なる「財政の崖」の影響を回避するため、週末に土壇場の財政協議が行われている模様であるが、市場のコンセンサスは米財政協議の進捗状況を見極めながら積極的な売買志向は後退している。 一方、リード民主党上院院内総務とマコネル共和党上院院内総務は、税...

山岡和雅の“ダックビル為替研究所” > 今年の米景気回復を占う今年最初の雇用統計は
2012年はまことにお世話になりました2013年も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。さて、3が日明けにいきなりとなりますが4日金曜日は、第一金曜日ということで米雇用統計(12月)が発表されます。前回(11月分)はハリケーンの影響で事前予想が8.5万人増と10月の17.1万人(速報値)から一気に増加幅減少見込みがふたを開けると14.6万人と底堅い数字となり雇用市場の堅調さが意識されました(10月分は13.8万人に下方修正でしたが)。失業率も、7.7%と予想の7.9%よりも改善し2008年12月...

マーフィーの“日々是好日” > 人間は失敗からこそ学ぶように出来ている
相場を経験された方ならお分かりになると思いますが、相場の世界では「余計な知識」は役に立たないどころか、マイナス要因になり得るということです。一例を挙げると、FXでは、外貨買い円売りから入るのが普通であり、外貨売りは危険であるという「間違った知識」です。また、FXでは、高金利通貨は買いから入るべきものであり売ってはならないというのも「間違った知識」です。そもそも、外貨預金とFXを混同されている個人投資家が今でも依然として多いことには驚かされます。尚、外貨買い、高金利通貨買い自体が間違っているという意味ではあ...

鈴木郁雄の“実践・為替ストラテジー” > ご祝儀相場で株高・円安継続?
安部新政権の誕生後も円売りの動きが顕在化しつつあり、新政権による大胆な金融緩和策がドル円の底堅い状況をもたらしている。ただ、ドル円86円台では引き続きアノマリー的な円買い需要や円ショートの積みあがりを警戒する向きも多々あり、積極的な円売り志向にも限界が垣間見られている。当面、ドル86円台では更に神経質な展開が予想されるが、一応、ドル円85円台が相場に根付いたと解釈できるだろう。反面、年末年始に向けて、海外勢を中心に投機的な動きが相場を主導している関係上、欧州財政危機や米国の崖問題が再燃した場合には、失速感...


最新情報   トップページ