映画レビュー 12月14日

12月14日(金曜日)の映画レビューです。(13時43分更新)

最新情報   トップページ

サマーウォーズ(2009年)
★★★サマーウォーズまたアニメかと思われそうですが、これはとんでもなくよかったです。CMで何度も見ていた男の子の「よろしくおねがいしまーす!」がどこで使われるのか、ドキドキして見ていました。(笑)細かいことは見たそれぞれが考えればいい、むしろ考えてほしいと思うのであえて書きたくなかったりしますが、強いて言えば、ベタベタに臭いとも言い切れない、古くからある日本の家族の絆の映画です。とっかかりから最先端デジタル(IT)ネタで始まるので腰の引ける中高年もいると思いますが(我が夫もそ..

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年)
★★★ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【初回限定版】 [Blu-ray] ずっと待っていました。待ち焦がれてましたよ。昨年、劇場へ見に行く事の叶わなかった作品が、結構早くにDVD化。監督ありがとう。前作『-:序』がほとんどテレビ版の内容でストーリー進行していたのと違い、ここからは「エヴァで進めてきたすべてを一旦破壊する章」というタイトル名目どおり、異なるストーリー展開になっています。これは、見終わった後..

アバター(2010年)
★★好きか嫌いかでいったら、嫌いです。人気ダントツの作品でしょ?←ただの天邪鬼wそれに3Dで見るのも嫌い。私は昭和の女なので立体では酔います。えっへん☆←威張るなだけど、まあよく頑張っていたと思うので星は二つにしておきました。感激したところは、シガニー・ウィーバーが出演していたのを見始めて初めて知ったところです。(本筋関係ないし…)内容は、ジャパニメーションがヒントになっていそうな、エヴァ臭のするマトリックス的なシステムで作った“アバター”を使って繰り広げられるSF作品。入れ..

崖の上のポニョ(2008年)
★★いやぁ、手描きにこだわった作品は、言われたとおり、温かみがあっていい。いいです、素敵です。でも、1回見れば満足です。(笑)子供の夢の物語。説明不足な点も、子供ならではということでスルー可能。いろいろ種明かしのされていないことが気にはなるけれど、「子供の考えていることだから」で済まされるのは、ずるい。けど、それが子供時代の気楽で奔放でいいところで。日本版ディズニー作品という感じなので、アメリカ受けもよかったのではないでしょうかね。人魚姫ならぬ、金魚姫。トキさんの言うとおり、..

トランスポーター(2002年)
★★★やっばいフランク超かっこいい!なにあのアクション!ただのカーアクション映画だと思って避けててごめんね、リュック。ただの運び屋じゃないとは思っていたけれど、これだけ強い運び屋ならどんな内容の荷物でもきっちり届けてくれそう。まあ、私らごとき雑魚が依頼できそうなものはありませんけど。ワケありの桁が違う。多分送料(依頼料)も馬鹿にならない。(笑)高そうな車がダメになり、建物が蜂の巣どころか崩れそうなくらいマシンガン乱射を受けて、…やっぱり鉄則は守るべきだと肝に銘じるフランクであ..

クライマーズ・ハイ(2008年)
★★★本編30分経たないうちに号泣。御巣鷹の悲劇だけでもういっぱいいっぱい。(当時旅先で見続けたテレビニュース映像は忘れない。)次は現場雑感の下書きを女性社員が読んだシーンで。もうダメだ、この映画保存版で取っておく。堤さんも堺さんもすごくいい。邦画だと思って見るより、ドキュメンタリードラマだと思って見た。高嶋兄の使い方が微妙かなと思ったけれど、新聞社の仕事は多角的であるということで、入っていたことは間違いじゃないと。

レッドクリフ(2008年・2009年)
★★三国志、よく判ってないんですよね、私。歴史が苦手なので。キャラクター的に諸葛孔明が聡明だし人気がありそうだなぁと、どんな作品を小耳に挟んでも思っていたんですが。しかし、今回その孔明役は金城武。何が何でも孔明が好きと断言できる。(笑)別に熱狂的ファンでもないんですけど、彼は日本の映画やドラマに出ているときより、他のアジア系映画に出ているほうが生き生きして見えるのですが、皆さんはどう感じているかしら。呉の赤壁での戦いに焦点を絞った、壮大なスケールの映画でした。今回は、主にPa..

CASSHERN(2004年)
★★分類を何にしていいか悩みましたが、リアルからかけ離れているアニメが子供時代テレビ放映されていて、私は当時よく見ていたので、SF系に入れてみました。今回もテレビ放映されたので見てみたということで、書きます。別監督作品でしたが映画化された『デビルマン』がかなり酷かったので、これも同じように酷いんじゃないかと勘ぐってしまい、ほとんど期待せず、最初の10分見たら終わりだろうと思っていたんですが、とんでもなかったです。公開当初は酷評が相次いでいたようですが、デジタル映像処理も綺麗だ..

チーム・バチスタの栄光(2008年)
★海堂尊のシリーズ第一作目。先生がサスペンスだとおっしゃるのでサスペンス分類にしましたが、医療小説という分類にかなり偏ってはいると思う作品です。これに関してはもう散々いろいろ日記で喋っていたのですが、原作小説>本映画作品>テレビドラマ の順だと思います。出来栄えが。(原作小説の評価は★★★)それぞれエンディングが若干異なったりしているようですが、私はどうあっても原作小説が面白いと思います。まず映画で田口先生(主役)を女性にした時点でアウト。がっかりでした。適役はたくさんいたで..

デイ・アフター 首都水没(2007年)
★★私の大好きな『デイ・アフター・トゥモロー』とかぶってるじゃん!と思ったら、カテゴリーまでディザスター映画で、見る前からげんなり。だけど、何とか時間が経ってから見た。内容は、水害。異常気象による河川の逆流から、街が飲み込まれます。アメリカの大河は、みな大きいですからねぇ。テムズ川の水門のお話。冒頭で水に飲み込まれる家の中で、おばあさんが…のシーンで、もう見る気が失せるほどのショック。すごく個人的な事情なので、よくあるシーンだと思うから皆さんはここまでショックは受けないはずだ..

鉄コン筋クリート(2006年)
★★ごめんなさい、面白くないんです、最初っから。だけど、何でか見るのをやめられない。結局最後まで見ちゃったじゃないか!…みたいな感じ。やってることは、関西地区でのシマ争いみたいな、裏社会で生きる子供と大人のぶつかり合い的なのだけど、だんだんと流れが変わっていくのね。(後半シロ風w)こう、胸をぎゅっと掴まれてるような、いつもならつまらないと再生させっぱなしで別の部屋に消えて、音だけ聞いていたりもするんだけども、これは目の端に画面が入るところから離れられなかった。色使いも、キャラ..

ソード・フィッシュ(2001年)
★★★途中から見たくせに三ツ星とはどういうこと。(笑)うちの父が好きそうです。なんとなく。ヒュー・ジャックマン、カッコイイですねぇ。最近モジャな人もカッコイイと思えるようになってきた私です。(爆)元天才ハッカーが表舞台に引きずり出される…どこかで聞いた設定。よくあること?ハル・ベリー(ジンジャー役)も嫌いじゃないですが、それよりトラボルタ(ガブリエル役)ですよ。この人どれだけ悪役が似合うのかっていうのよ。大御所だろうにどんな悪役やらせてもバチッと決まるのがすごい。サタデー・ナ..

ボーン・コレクター(1999年)
★★なぜかテレビ放映での遭遇率の高い作品。名称からして現在では例のボーンシリーズと間違いそうですが、マット・デイモンは出ていません。主役は今をときめく子沢山なアンジェリーナ・ジョリー。いや、デンゼル・ワシントンだ!と、某友人から横槍が入りそう。(笑)うん、実際デンゼルのほうが先の名前が出てくるし、当時はアンジーは今ほどには売れっぱなしになっていなかったと思うから、そうですね。内容は、タイトルから推察しましょう。リンカーン(デンゼル)は超有能な科学捜査官なのに、仕事中の事故で全..

どろろ(2007年)
★漫画の映画化って難しいですよね。現実にありえない設定やシーン展開など盛りだくさんだったりしますから。手塚治虫さん原作の本作品、あーあ、やっちゃったな、という感想。きっと、原作は感動もの…なんでしょうね。読んだことないんですが。ワイヤーアクションとかCGとかたくさん使ったんでしょうけど、これ、ホントに続編作る気ですか…?主役の二人(妻夫木&柴咲)、リアルでは別れちゃってるし、別れてから見た私は画面で二人がそばにいるシーンなんていたたまれなかったんですけど。(笑)中井貴一と原田..

デイブレイク(2000年)
★名作、とまではいかないんですが、ディザスター映画の好きな私には、まあまあ時間つぶしになりました。原因は地震。ロスって、何となく地震とか身近に起こりそうな印象がある(私の勝手な妄想)ので、起こらないこともない事故かもしれません。地下鉄でのパニック。地下閉鎖空間では、火責め・水責め・電気責めなど盛りだくさん。いい大人が元気に喧嘩してくれます。そんな、巻き込まれて困っている人間同士、寄せ集めのパーティで地上を目指すんですが、癖のある人選でこうも集まるというのは、フィクションならで..


最新情報   トップページ